明治18年(1885)7月16日、宇都宮駅で発売された「おにぎり」の復刻レプリカ

明治18年(1885)7月16日、宇都宮駅で
発売された「おにぎり」の復刻レプリカ

明治十八年宇都宮駅おにぎりから始まる

駅弁の歴史をひもとくと、その始まりは明治10年代に行き着く。駅弁の誕生については、もとの資料が戦災などで失われているという事情があり、さまざまな説がある。そのなかで大方の支持を得ているのは、明治18年(1885)7月16日、宇都宮駅で発売された「おにぎり」を駅弁の始まりとする説。これは、日本鉄道(株)が上野駅から宇都宮駅まで開通したことにともない、宇都宮で旅館「白木屋」を経営していた斉藤嘉平が、黒ゴマをまぶした梅干し入りおにぎり2個に、たくわん2切れを添え、竹の皮に包んで5銭で販売したというもの。「おにぎり」発売日の7月16日は「駅弁記念日」(「駅弁の日」とは別)になっている。

明治から大正へ駅弁ベルエポック

宇都宮駅を皮切りとして、おにぎり駅弁が続く。同年(明治18年)10月横川駅で、翌年には高崎駅で、宇都宮駅と同じようなおにぎり駅弁が販売される。明治21年(1888)、東海道本線の国府津駅で売られたのもおにぎりだった(東海道本線の駅弁の草分けとされる)。明治22年、山陽本線の姫路駅で2段重の「幕の内弁当」という画期的な駅弁が登場する。明治23年には、東北本線の一ノ関・盛岡間が開通し、その記念に「すし」が売り出された。北海道、四国、九州など、全国への鉄道敷設にともなって駅弁業者も増え、明治30年代には、鯛めし・鮎ずし・あなごめしなど、地域の食材を生かした「ご当地駅弁」がお目見えする。「サンドイッチ」や「西洋弁当」も登場した。明治末から大正にかけて、鉄道で観光旅行を楽しむ風潮が定着し、汽車の窓から駅弁を買うようすは旅の風物詩となった。大正時代には当時の鉄道省により、駅弁コンクール(「駅弁味の陣」の先輩?)も開催されたという。

姫路駅「幕の内弁当」(写真は復刻)

姫路駅「幕の内弁当」(写真は復刻)

モノのない時代奮闘する駅弁

旅と駅弁を楽しむ牧歌的な時代は昭和10年代初め頃まで。戦争の足音とともに、駅弁も苦難の時代を迎える。戦時下、物資の不足するなか、駅弁業者はさまざまに工夫し、いわゆる「代用食弁当」を販売した。たとえば、手に入る野菜やうどんを細かく切ったものを混ぜた「混米弁当」や「混麺弁当」、野菜や海藻を混ぜた「鉄道パン」と呼ばれる黒いパン、さらに配給の芋を2、3本入れた「芋弁当」など。昭和19年(1944)になると戦局は厳しさを増し、旅行は制限され、「外食券」がないと駅弁は買えないようになった。なお、日清・日露戦争の時代から太平洋戦争まで、駅弁は軍隊の弁当、いわゆる「軍弁」として調達された歴史もある。昭和20年、終戦。戦後も物のない時代は続いた。米がなく、ありあわせの野菜を煮たものを箱に詰め、「料理弁当」の名で売られた駅弁もあったという。昭和20年代半ばを過ぎると徐々に食糧事情が持ち直し、駅のホームで駅弁立ち売りの姿が見られるようになっていく。

(1)国から出された弁当製造の命令書(許可証) (2)芋弁当(代用食弁当)入の袋 (3)兵隊が食べる駅弁「軍弁」は、食糧事情の悪化に伴い簡素なものとなっていった (4)旅行者外食券制度が実施され、駅弁も外食券がないと購入できなかった (5)駅のホームを歩きながら売り子さんが駅弁を売る「立ち売り」 (6)列車の停車時間に駅弁を買い求めた

(1)国から出された弁当製造の命令書(許可証) (2)芋弁当(代用食弁当)入の袋 (3)兵隊が食べる駅弁「軍弁」は、食糧事情の悪化に伴い簡素なものとなっていった (4)旅行者外食券制度が実施され、駅弁も外食券がないと購入できなかった (5)駅のホームを歩きながら売り子さんが駅弁を売る「立ち売り」 (6)列車の停車時間に駅弁を買い求めた

激動する世の中を駅弁は生き抜く

昭和30年(1955)前後に日本は好景気(神武景気)を迎え、「もはや戦後ではない」という言葉(経済白書)が流行語にもなった。昭和31年、東海道本線全線電化。鉄道旅行は「レジャーブーム」の先頭を走り、駅弁界も活気づく。当時の列車の窓は開閉式で、連結作業などで停車時間の長いことも多く、列車の中やホームなどで駅弁を買うゆとりがあった。昭和29年には横浜駅に「シウマイ弁当」、33年には横川駅に「峠の釜めし」という今も愛される代表的なロングセラー駅弁が登場した。昭和30年頃から、東京や大阪などのデパートで競うように駅弁大会が催され、人気を集めた。昭和39年東海道新幹線開業。高度成長の波に乗り、在来線も高速化が進む。乗車時間が短くなる一方、駅弁をお土産にするという新たな需要も生まれた。オイルショックなどを経て、時代は安定成長へ。駅弁も一層の企画力が求められるようになる。地域特産の掘り起こし、斬新な容器、メディアとのコラボなど、アイデア駅弁が注目されていく。

駅弁専門店 東京駅「駅弁屋 祭」

駅弁専門店 東京駅「駅弁屋 祭 グランスタ店」

ニッポンの「おもてなし」として

明治10年代に生まれた駅弁は、時代の波に乗り、ときに荒波を乗り越えながら、130余年という歳月を歩んできた。「安全でおいしいものを食べてもらいたい」「めずらしい食材や献立で喜んでいただきたい」という日本人の「やさしさ」「こまやかさ」「親切心」が、多彩な駅弁を生み出した。駅弁はアジア諸国などに散見するが、日本ほどの多様性に富む駅弁文化は他に類を見ないといわれる。丁寧に盛り付けされ、彩りもきれいな駅弁には「おもてなし」の心が宿る。国際化の中で駅弁は、日本固有のサプライズとなり、日本を訪れる人たちとのコミュニケーションの仲立ちをする。「駅弁味の陣」も、世界の中のニッポンのお役に立つことができたらと願う。歴史を振り返り、未来へ。日本固有の鉄道食文化として、駅弁は新しい時代を切りひらいてゆく。

百年駅弁

駅弁には1世紀以上の歴史を持つものがある。「駅弁味の陣」ではそれを「100年駅弁」と呼ぶ。今回エントリーしたのは復刻駅弁も含め6点。初めに「復刻版おにぎり」。明治18年(1885)宇都宮駅で販売された駅弁元祖の「おにぎり」が復活。「駅弁味の陣」に合わせた現代風アレンジとなっている。次に「大船軒サンドウヰッチ」。明治32年(1899)発売。日本初の駅弁サンドイッチといわれ、ハムとチーズのシンプルなおいしさ。大正時代の掛け紙を復刻。そして「御寿司」。明治18年創業の荻野屋が明治30年代に発売。秘伝タレの特製稲荷寿司など。発売当初の掛け紙を復刻。4番目に「復刻版牛めし」。関根屋創業の明治35年(1902)発売。国産牛を秘伝スープで煮込んだ秋田名物駅弁。現存最古の掛け紙(40年前)を復刻。次いで「復刻版御鯛飯」。明治40年頃、国府津駅に登場した鯛めしを、大正初期の掛け紙で復元。当時と変わらない製法で作り上げた鯛おぼろ使用。最後に「伝承鰺の押寿し」。大正2年(1913)発売。大船軒の看板駅弁。鎌倉ゆかりの文人墨客も愛したおいしさ。大正7年の掛け紙の復刻版で、懐かしい紐掛けスタイルとなっている。さらに、半世紀以上の歴史を持つ駅弁を「50年駅弁」と呼ぶ。今回は「シウマイ弁当」「峠の釜めし」「だるま弁当」「復刻チキン弁当」など10点を数える。

百年駅弁

※歴史的記述に関しては、諸説あるものもございます。

※本ページの内容について、一般社団法人 日本鉄道構内営業中央会に監修及び画像提供をいただいております。

早速、駅弁を探す

ページトップへ戻る